keibunlog -KEIBUNスタッフ日記(blog)-

前のページへ    最新の記事へ    次のページへ 

☆初心者のためのクラシック入門blog3☆プロコフィエフ/5つのメロディop.35bis、R・シュトラウス/ヴァイオリン・ソナタ 変ホ長調op.18

| by ウェンディ | 2017-03-31 (金) |

早いもので、今日で3月が終わりますね。
明日からは新年度!
新しいことを始めたくなってワクワクしますね。

今までクラシックのコンサートは聴いたことがない…
新年度からは新しく音楽の扉をたたいてみませんか?

7月1日(土)びわ湖ホール
諏訪内晶子(ヴァイオリン)&ボリス・ベレゾフスキー(ピアノ)
デュオ・リサイタル

1990年、史上最年少で、チャイコフスキー国際コンクールで
優勝したヴァイオリニスト、諏訪内晶子。

世界的に活躍する彼女が5年ぶりに、びわ湖ホールに!
今回は同じくチャイコフスキー国際コンクール
ピアノ部門優勝者のボリス・ベレゾフスキーと共演します。

覇者同士の夢のデュオ!この機会を聴き逃すのはもったいない!
ぜひ、お早めにお申し込みください★

今回ご紹介するのは、
プロコフィエフ作曲 5つのメロディop.35bis

プロコフィエフはロシアの作曲家で
管弦楽曲やピアノ曲、有名なところだと
「ロミオとジュリエット」を作曲しました。

1925年に作曲された5つのメロディ。
声楽曲「5つの歌曲」を改作して、
ヴァイオリンとピアノのために、アレンジしたものです。

声楽曲でのピアノ伴奏部はそのままに、
主旋律となるヴァイオリンの音色は
多彩な表現がつめこまれています。
一つ一つの楽章のヴァイオリンとピアノの共演を
お楽しみください。


今回のリサイタルではヴァイオリンの難度の高い
リヒャルト・シュトラウス/ヴァイオリン・ソナタ
変ホ長調op.18 も演奏されます。

交響詩と音楽劇で有名なリヒャルト・シュトラウスが作った
唯一のヴァイオリン・ソナタ。
ヴァイオリンもピアノもそれぞれがその魅力を
ご堪能いただけるプログラムです。


ヴァイオリンとピアノが織り成す至福の空間。

7月のこのコンサートを自分へのご褒美にしませんか?
びわ湖ホールに響き渡る音色は格別です。

お申し込みはねっともかお電話で★
(一般の方はお電話でお申し込み願います。)
(SS席完売。C席残席僅少。)
KEIBUN友の会事務局 077−526−0011
(平日9:30〜17:00)

| by ウェンディ | 2017-03-31 (金) |
前のページへ    最新の記事へ    次のページへ 
 

最新の記事


月刊経営情報誌|かけはし

かけはし

かけはしマネジメント対談:

株式会社平和堂
代表取締役社長 夏原 平和 氏

地域総合情報誌かけはし

再発見する滋賀

彦根城を攻める!

友の会会報誌情報誌|Club Keibun

Copyright (C) 2008 Shigagin Keizai Bunka Center Co., Ltd, All rights reserved

ページトップへ